免許証の写真を犯罪者顔にしない方法をググってみた

免許証の写真や証明写真ってなんであんなに変な顔になるんでしょうか。

私はもう結構な回数の証明写真を撮ってきましたがいまだにベストショットにめぐりあえていません。

たまに、撮った瞬間は、「お、悪くないぞ」と思うのですが
数か月してふいに見てみると、やっぱり犯罪者のような顔をしているのです。

これは一体なぜなのでしょうか。

今の時代はプリクラだけでなく、SNOWやカメラ機能で様々な加工ができますから

スマホで写真を撮っても可愛く、かっこよく撮れるものですが

免許証などに使われる証明写真ではそうもいきません。

まぁ本来真顔で撮るというのが規則だそうなので、人相が悪くなるのは仕方ないことかもしれませんが・・・。

 

ということで今回は、証明写真をどうやったら映りが良くなるか問題を考えてみました。

 

早速ネットでググってみたところ、結構いろんなほうほうが出てきたので紹介します。

 

① 顔を明るく見せる

写真に写り込まない程度で、手元にA4以上の大きさの白い画用紙を持っていくことで

光が顔全体にかかり、キレイに見えるようになるそうです。

 

② 前のめりになる

気持ち程度ですが、若干前のめりになることで、明るい印象を持たせることができます

 

などなど、他にもいろいろな方法がでてきました。

 

しかし問題となるのは、証明写真を撮る機械などそうそう多くはないということです。

免許更新も4年に一回ですしね・・・。

普通のプリクラ機より値段も高いですし・・・。

 

次回の免許更新(3年後)まで覚えていれば試してみたいと思います!